MENU
スポンサードリンク

がん保険に入れないケース

デイケア“がん”保険は“がん”を対象にしている保険のため当たり前ですが、既に“がん”を患っている場合には一部の保険を除いて加入する事は出来ません。
この他にも医者などから入院や手術を勧められている場合にも、加入できないケースもあります。


ただ、このような保険などの審査に関しては受けてみないと分からないという性質を持っています。
また同じ症状でも保険会社によって「入れるケース」「入れないケース」などがあり、こればかりは一度、保険の審査を受けてみなければ分かりません。


また、持病のない場合は良いのですが、持病のある場合には、どのような持病でどのような症状があるかをきちんと伝える必要があります。
これによって“がん”保険に入れないケースがあるのですが、保険には告知義務があり違反してしまうと、保証が受けられないというトラブルも起きてしまうので持病を持っている方はきちんと伝えるようにしましょう。


がん経験者でも入れる「がん保険」

基本的に“がん”保険は“がん”の経験者は入れない。という事を説明しましたが一部では経験者でも入れる商品として提供されています。
基本的なものとして治療後10年後を目安に加入できる“がん”保険が一般的にあります。この他にものステージ(“がん”の病期の進行具合)によって加入できる治療後の期間を定めている保険会社もあります。


このように“がん”経験者であっても入れる保険などは少ないですがあります。
しかし、“がん”は再発する可能性の高い病気であるともあり“がん”経験者の保険料金は非常に割高に設定されています。


この事を考えると、経験者にとって「がん保険」に加入する事は慎重にならなければなりません。
それでも、保険が必要な場合にはきちんとファイナンシャル・プランナーなどに相談をして損をしないような保険をかける必要があるのです。

他の持病がある場合、がん保険は入れるの?

MRI持病がある場合に保険を諦めてしまうということは、“がん”保険に限らず保険全体でもあることではないでしょうか?
がん保険では基本的に「過去に“がん”を患ったことのある方」や「現在入院中、または入院・手術をすすめられている方」などは加入できません。
ではこの他の持病を持っている場合には加入できるのでしょうか?


「他の持病」といっても病気の数は多くあり、それぞれに対応が違います。例えば高血圧などは“がん”保険加入に関しては問題が無い場合がほとんどです。
ただ保険会社によって持病による対応には大きな違いがあり、同じ症状の持病でも「“A”の保険会社では契約出来る」「“B”の会社では契約できない」という違いが生まれてしまうのです。


このように持病を持っており1社で加入を断られてしまっても、他の保険会社では加入できるケースは多くあることから、「持病を持っている場合には複数の会社に加入できるかどうかを聞いてみる」事が重要と言えるでしょう。
また、持病を持っていて加入が難しい場合にも、持病の状態・程度によっては、持病のある特定部位の病期を除き保証が受けられるというものもあります。


ただ、これは保険会社によって対応が異なる為実際に申し込むまでは分からないというのが現実なのです。


最近では多くの会社で加入条件を緩めた“がん”保険などのサービスを始めており、例えば「“がん”経験者であっても治療から10年で加入できる」ものや「詳しい医師の検査が必要ない商品」などもあることから、持病を持っていても“がん”保険“に加入できる可能性は比較的に多いと言えるでしょう。


持病がある場合の保険加入の注意点

持病を持っている場合に“がん”保険に加入する上で注意しなければならない点があります。
それは持病などの告知事項がある場合には契約の際にしっかりと事実どおり告知しなければ、告知義務違反などから保証を受ける事が出来なくなってしまう可能性があるということです。


このような状況を避ける為にも通販で保険を契約するのではなく、実際に保険代理店などの担当者にきちんとした説明と告知をした上で加入する事が後々のトラブルを避ける為の最前の方法と言えるでしょう。

スポンサードリンク