MENU
スポンサードリンク

歯にもガンがあるの!?

超音波“がん”は様々な場所に出来てしまいます。歯にも“がん”が発生してしまう事も珍しい“がん”ではありますがあるのです。


一般的に歯に発生してしまう“がん”は「歯原性腫瘍」と呼ばれ悪性のものは転移性エナメル上皮腫・エナメル上皮癌などの「歯原性癌腫」とエナメル上皮線維肉腫などの「歯原性肉腫」の二つに分類されています。
“ガン”の中では非常に少ない“がん”であり、その多くが良性の“がん”の場合もありますが、悪性の場合などもあります。


エナメル上皮種などの場合には痛みなどの症状は無く発見が難しい“がん”の一つです。また、病状が進行したてしまった場合には歯の位置がずれる事や、顔が左右非対称になるなどの症状が出ます。
治療が外科的な療法が一般的な方法なのですが、発見が遅れてしまった場合には咽頭や舌などに転移してしまう場合などがあります。
その点では、歯の“がん”の場合にも早期発見、早期治療が重要事項といえるでしょう。

がんになると痩せる?

電子カルテ意味も無く痩せてきたら“がん”のシグナル…?という事を良く聞きますが“がん”になると必ず痩せてしまうのでしょうか?


結論から先に述べると、“がん”になると必ず痩せてしまうということは、ありません。
と言うのも、“ガン”は体の様々な場所で起きる事から、症状も様々あり一概に「痩せる」という症状が起きるわけではありません。逆に急激に太ってしまうような症状を持った“がん”もあるのです。


このような事から、太っているから“ガン”ではないと考える事や、痩せたから“ガン”であると悲観してしまう前に、きちんとした“がん検診”を受けて医師の判断を仰ぐ事が重要であり大切な事であると言えるのです。
さて、このように“がん”で必ず痩せる事は無いと言いましたが、治療中や治療後では痩せてしまう事はそう珍しい事ではありません。
特に消化器官の“癌”の場合には「外科手術後の食事制限」などから体重が減少することもあります。


また治療の際の「心的ストレス」によって体重が減少してしまう事、更に「抗がん剤の副作用で食欲の低下する」などの原因から痩せてしまう事もあるのです。
“がん”によって必ず痩せてしまうという事はありませんが、“がん”治療において体重が減ってしまうという事は珍しい事ではないと言えるでしょう。

実費負担型がん保険とは!?

手術“がん”保険に限らず保険には様々な種類やサービスがありますが、最近では「実費負担型“がん”保険」という商品が増えると共に、注目を集めています。
では、この実費負担型の“がん”保険とは一体どのようなもので、どのようなメリットがあるのでしょうか?
実費負担型の“がん”保険とは“がん”の治療にかかってしまった「費用の実費を保証する」という保険商品です。
例えば定額払い型の保険では『入院日額1万円支給』という保険の場合に『入院費用が1日1万5千円』かかってしまった場合には5千円の不足が生まれてしまいます。
このような時にでも実費負担型を利用する事でかかってしまった『実費の1万5千円』全ての保証を受ける事が出来るのです。


またこの実費負担型“がん”保険の多くが先進医療などの自由診療なども視野に入れている保険であるため、多くの費用のかかってしまう先進医療も安心して受ける事が出来ると言う特徴があります。


では実費負担型と定額払い型の保険ではどちらの保険が良いのでしょうか?

これは保険を使うケースや個人によって大きく異なります。
定額払い型では固定で給付金を受け取れる為、入院費よりも入院給付金が多く余った場合には入院給付金などを他の経費に回せるという特徴があります。
実費負担型では実費は全て保証されるのですが、保証される内容以外の諸経費に関しては保証が受けられないという特徴があります。


この為、「定額払い型」と「実費負担型」ではどちらがお徳…というような結論は明確には出来ません。
そこで手術・入院費用などを確実に保証したい場合には「実費負担型」を選ぶように、また保証が実費よりも少なくなってしまう可能性はありますが、保証される給付金を決めておきたい場合には「定額支払い型」を選ぶ事ができます。
このように「実費負担型」と「定額支払い型」二つの保険を比べる事で自分に有意義なタイプを選ぶ事が出来るようになるのです。

女性がガン保険を考える理由

体温計最近では各保険会社でも「女性向け“がん”保険」という保険商品を提供しています。また近年では、このような「女性向け“がん”保険」に対しての加入者も増加傾向にあるようです。
では女性が“がん”保険を考える理由とは一体どのようなものなのかを考えてみましょう。


女性向けの“がん”保険を保険会社が提供する理由には“女性特有のガン”の発病率の増加にあります。


では、女性特有の“ガン”について少し考えてみましょう。

■ 乳がん

“乳がん”は女性の“がん”の代表とも言っても良いほど良く知られています。


“乳がん”の罹患率は30代から50代まで増え続け50代以降になると罹患率が減少してゆくという特長を持っています。また“乳がん”は生存率の高い“がん”としても知られ適切な治療を行なう事で完治する事の出来る“がん”なのです。

■ 子宮がん

子宮がんは婦人科のがんの中で最も多い“ガン”です。


罹患率は40代から60代まで増え続け60代以降になると罹患率が減少してゆくという特徴を持っています。“子宮ガン”は手術後の5年生存率も高く適切な治療を行なう事で有効的な治療を行なえる病気といえるでしょう。


■ 卵巣がん

と、このように女性特有の“がん”として挙げられる代表的なものに「乳がん」「子宮がん」「卵巣がん」などがあります。「女性向け“がん”保険」では女性特有の“がん”に対して手厚い保証が受けられるというものです。


様々な特約サービスを各保険会社で展開している事や、掛け金が安いことなどから、、女性向けの“がん”保険は人気の高いサービスとなっています。

スポンサードリンク