MENU
スポンサードリンク

がん治療にかかる金額

電卓とお金“がん”治療にはお金がかかる…そう思っていても具体的にどの位の金額がかかるのか分からないという人も意外に多く居るようです。

 

実際に“がん”を患ってしまった方の中でも「“がん”治療にこんなにもお金がかかるとは思わなかった」という声は多いようです。

 

では実際に“がん”治療を行なう上でかかってしまう出費について少し考えてみましょう。

 

治療入院に必要な費用(又は給付される費用)

保険適応治療費
(公的医療保険)
健康保険7割
自己負担3割
先進治療費用全額自己負担
差額ベッド代全額自己負担(個室を利用した場合)
入院食事代健康保険から食分280円の給付
高額療養費制度(制度による払い戻し)
課税世帯80,100円+{(総医療費?267,000円)×0.01}=自己負担限度額
上位課税世帯150,000円+{(総医療費?267,000円)×0.01}=自己負担限度額
非課税世帯上限は定額34,500円
70歳以上の自己負担限度額(外来は個人ごと・入院は世帯ごと
所得税145万円以上外来(個人ごと)44,400円
入院(個人ごと)80,100+{(総医療費?267,000円)×1%}=自己負担限度額
市県民税が非課税世帯外来(個人ごと)8,000円
入院(世帯ごと)24,600円
年金収入が年80万円以下外来(個人ごと)8,000円
入院(世帯ごと)15,000円
上記以外外来(個人ごと)12,000円
外来(個人ごと)44,400円
その他、入院に必要な費用
家族のお見舞い費用(交通費など)
入院時の雑費(電話代日常消耗品など)
退院後に必要な費用
通院が必要な場合には、抗がん剤治療通院交通費
快気祝い費用

救急車がん治療にかかるお金はこのように挙げるだけでも、このような費用がかかってしまいます。
では、実際の治療ではどのくらいのお金がかかってしまうのでしょうか?


治療費の場合…

『公的保険の適応で20万円の治療(又は手術)』を受けた場合の治療費の内訳は、
{14万円(健康保険7割)+6万円(自己負担3割)}となります。


保険適応自己負担は3割ですから「6万円の負担」で治療を受ける事になります。
『先進治療で20万円の治療(又は手術)』を受けた場合の治療費の内訳は、{20万円(全額自己負担)}となります。


先進治療では「20万円の負担」で治療を受けなければなりません。
※実際には「医療費助成制度」により公的保険の負担を受けられる治療に関しては部分的に保険の適応がある場合(混合医療)があります。


入院費用の場合…

『“胃がん”で30日の入院(個室利用)日額1万円の場合』にかかる入院費用は、 入院1日1万円×30日=30万円となり「負担は30万円」となります。


このような出費は医療費に関してごく一部なのですが、一部と言っても多くの費用がかかってしまうのです。ある程度は医療費助成制度で助成されるとは言ってもやはり高額な医療費用がかかってしまう事には変わりありません。
また“がん”治療は手術や入院以降も継続して通院での治療が必要なケースが多くあります。その場合には継続した“がん”治療の費用がかかってしまうのです。
そこで、医療費用の負担を少なくする方法として、又は“がん”に備えるという事を考える上で「がん保険」に加入するという選択肢もあるのです。

では何故“ガン”保険が必要なのでしょうか?

これはガンに備える為の保険として医療保険などでもある程度は保証されるのですが、ガンに特化した「ガン保険」には様々な利点があります。


  1. “ガン”を宣告された場合に受けられる「がん診断給付金」
  2. “ガン”の手術を行なった場合に受けられる「がん手術給付金」
  3. “ガン”の入院の歳に受けられる「がん入院給付金」
  4. “ガン”の通院の歳に受けられる「がん通院給付金」

上記のように、がん に特化した保証であるため、“がん”に対して様々な保証が受けられるという特長があるのです。


“がん”に対した備えという面では「がん保険」は非常に有効的な手段であると言えるでしょう。
さらに、保険会社でも様々なサービスを展開しています。手術費用を負担するがん保険や入院費用、通院費用を負担するものなど様々な“がん”保険があります。
治療の費用負担の不安をなくす為にも、“がん”保険という選択肢もあることを視野に入れておくことも事前の対策の第一歩と言えるでしょう。

スポンサードリンク