MENU
スポンサードリンク

保険に入る理由を決める。

パソコンと聴診器保険を選ぶ上で重要な事とはなんでしょうか?

 

人によって保険を選ぶ理由は様々ありますが、「保険」という特質上は「将来の不安事」に対して備えをしておく事にある事は明らかです。

 

では一般的に将来に対してどのような不安があるのでしょうか?

 

  • 「将来、病気になってしまう事が心配」
  • 「将来、病気で働けなくなった場合の保証が欲しい」
  • 「“がん”になってしまった場合の先進医療保証が欲しい」
  • 「“がん”の入院・治療費を保証して欲しい」

 

このように保険を選ぶ上で人それぞれ求めている保証があります。

 

保険に入る上で全ての保証を受けられるのであれば、それに越した事はないのですが、経済的な面や実質的な面から、それは不可能といって良いでしょう。

 

そこで数ある将来のリスクに関して自分が「どこまでが許容できるリスク」であるかを定めておく事は保険を選ぶ上でのガイドラインになるのです。

 

例えば、“がん”などの将来の病気に対して備えたい場合では…
「“がん”になった場合、“がん”と診察された一時金は少なくても良いが、入院費用・手術費用に関しては十分な補償が欲しい」と考えた場合には入院給付金や手術費用の充実した保険を探します。

 

「“がん”になった場合、先進医療を優先して受けたい」と思っている場合には、先進医療対応型などの“がん”治療における先進医療の保証が充実したものを選びます。

 

このように、ある程度自分の中で「優先事項」や「保険に入る理由」を定めておく事で保険選びが一段と楽になる事でしょう。

がん保険の失敗しない選び方

ハートと聴診器がん保険を選ぶうえで気をつけたいことがあります。多くの保険会社・商品の中を比較して、自分に合っていると思うものを見つけるのは当然ですが、このとき、どういう点を比較するかが大切。単純に支払う保険料だけを比べて一番安いところがいい!というわけにもいかないのです(もちろん、それもひとつの比較ポイントではありますが……)。


給付のされ方をチェック

死亡保険なら「対象の人が亡くなったら保険金が支払われる」というもので、ある意味、単純です。それに対して、がん保険は、「がんと診断されたら」「手術を受けたら」「通院したら」など、保険金が支払われる場合がさまざまにあります。どんな場合にいくらの保険金がどのように支払われるかが複雑なのです。がん保険の給付には以下のようなものがあります。


  • ・診断給付……がんと診断された場合に給付されます。
  • ・手術給付……がんの手術をした場合に給付されます。手術の種類によって額が変わるものと、一律のものとがあります。5万?20万程度が多いようです。
  • ・入院給付……がんのために入院した場合、入院日数に応じて給付されます。額はプランによって決められることが多いですが、一般に社会保険のある会社員は日額5000円、自営業者などは10000円が標準と言われています。
  • ・通院給付……通院で治療を受けた場合に給付されます。通院保障はない保険もあります。
  • ・死亡給付……がんで死亡した場合に給付されます。がん保険では死亡給付があるものは少数派です。

がん保険を比較検討する場合は、保険金の支払われ方、給付金の仕組みを整理して理解しておく必要があります。


一口に「入院給付1万円」と言っても、「入院○日目から」「最長○日まで」「2回目の入院には給付されるかどうか」など、チェックしたい点がいくつもあります。

がんの種類による保障のされ方をチェック

がん保険だから、がんになりさえすれば保障されるだろうと思うのは間違いです。多くのがん保険で、「上皮がん」という、上皮細胞にできるがんと、その他のがんを区別していて、給付金額が違ったり、保障されないという場合もあります。


また、がんには「転移」や「再発」といったことがあります。これらについてもどのような考え方をとるかは保険商品によって違います。診断給付は「初めてがんと診断されたとき(のみ)」としているところがある一方、再発も診断給付の対象としているものもあります。診断給付金が高くても一度しか給付されない場合と、小額でも複数回保障されるのでは、見方が変わってくると思います。


以上、がん保険を選ぶうえで注意したい点を紹介しました。こちらのページでは、私が選んだ、おすすめのがん保険をランキングで紹介しています。給付内容の違いをわかりやすく表で整理したものもありますので、ぜひ、合わせてチェックしてみて下さい。

保険会社を選ぶポイントとは?

老人の手保険を契約するに当たって、保険会社を選ぶという事はその後、長い付き合いになる保険会社を選ぶ事に繋がりますから非常に重要な事と言って良いでしょう。


では実際にはどのように保険会社をえばれば良いのでしょうか?保険会社を選ぶポイントは多くあります。
では保険会社を選ぶポイントを幾つかのカテゴリに分けてご紹介しましょう。


保険会社の破綻などリスクを考えて保険会社を選ぶ。

せっかく保険をかけているのに、保険会社が破綻してしまった場合にはどのようになるのでしょうか?
このような保険会社の破綻などのリスクを考えて保険会社を選ぶ事も多いとは思いますが、実際に保険会社が破綻したとしても「生命保険契約者保護機構」により保険契約は保護され契約内容も継続できるようになっています。


生命保険契約者保護機構などにより基本的に加入している保険は保護されている為、破綻するというリスクに関しては心配する必要はありません。
とは言うものの、はやり破綻した場合には余計な手続きなどを行なわなければならない場合などを考えると破綻などのリスクの少ない保険会社を選ぶ事は重要なポイントと言えるでしょう。


保険会社の得意分野を見極めて保険会社を選ぶ。

保険会社にはそれぞれ得意分野というものがあります。得意分野を持つ保険会社…例えば、学資保険が得意な保険会社では学資保険に詳しい専門家も多く、きめの細かいサポートを受ける事が可能なのです。


また得意分野=有利な保険という訳ではないのですが、多くの場合、得意分野を持つ保険の場合にはより有利な保証を受ける事が可能なのです。


このように保険会社を選ぶ基準は人それぞれあるのですが、自分が納得する保険を探す為に一社だけに見積もりや資料請求をするのではなく、複数社に行なう事で対応の違いや保証内容などの違いを知ることが出来るのです。

がん保険、入るなら定期?終身?

点滴“がん”保険には大きく分けて二つのタイプがあります。それは「定期タイプ」「終身タイプ」です。では、それぞれの特長を見てみましょう。


定期タイプの特徴

定期タイプとは契約で決められた一定の期間で契約を更新するタイプの“がん”保険です。定期タイプのものでは定期的に保険を見直せるというメリットもあります。


しかし、次の更新の際に保険料が高くなってしまうということもあります。定期保険は若い時期には保険料が安く、年齢が高齢になると保険料も高額になってしまいます。


終身タイプの特徴

終身タイプの保険のメリットはなんと言っても解約しない限り、終身で保証が受けられると言う点です。


更に定期タイプのように次の更新が無い為に保険料金も最初に契約した保険料で固定されています。長期的に考えれば終身タイプは保険料が安く済むという特長もあります。

ではこの二つは一体どちらが良いのでしょうか?

これは少々難しい問題になります。終身タイプのほうが長期的に考えれば保険料が安く済むのですから「お得」と言えるのです。


しかし一方で、定期タイプは更新する事によって、より良い保険に乗り換えるという選択肢を得る事が出来るというメリットもあります。
社会の変動が大きい昨今の状況では、保険会社を選ぶという事は非常にメリットが高いとも言えるのです。
「定期タイプ」「終身タイプ」の保険は人それぞれ何を重要視するのかというで事を考えると、人それぞれのメリットは大きく異なるのです。


自分にはどのタイプが向いているのかという事を確りと見据える事が“がん”保険選びでは重要な選択となるのです。

おすすめのがん保険は「先進医療対応」で「通院保障が厚い」もの

薬がん保険の中でおすすめは?と聞かれたら……保険の種類もかなりありますし、そもそも保険は個人それぞれのニーズに合っているかが大事なので、万人にとってのおすすめを言うのは難しいです。
ですが、私ならここはおさえておきたいな、というポイントはあります。


ひとつは「先進医療に対応しているか」ということ。もうひとつは「通院に対する保障の手厚さ」です。


先進医療保障はがん保険の重要ポイント

先進医療とは、現在はまだ保険診療の対象になっていない治療法などのことです。新しい医療ということで、治療の効果は期待できますが、保険の対象ではないので、治療を受けるとお金がかかってしまいます。特殊な医療機器や薬を使うことも多く、高額になりがち。
がん保険の中には、先進医療の治療を受けた場合、保険対象外のその治療費について、通常の給付とは別に、保険金を受け取って支払いにあてることができるものがあります。


プランに標準で組み込まれているものも、特約としてオプションになっているものもあります。
なぜ先進医療の保障が重要なのかというと、治療が必要になった時に、通常よりも多くお金がかかる=リスクが高いので、このお金は保険で準備しておくのがよいということ。そして、がんの治療で先進医療が使われる割合はとても高いということです。つまり、日本で先進医療と言えば、実質、がん治療のための技術だとも言えるのです。ですからそのための備えは、がん保険でするべきだというわけです。


がんのための先進医療が、具体的にどのくらいかかるかは治療技術によって幅があります。5万円程度のものもありますが、高いものでは50万円から300万円を超えるものも。中央社会保険医療協議会の統計(平成21年)によると、およそ2万人の患者に対して総額で約65億円の先進医療が行われた実績があります。一人あたりにすると平均約30万円となります。30万円でも決して安い金額ではないですし、実際にはそれが50万以上かかるかもしれないし、100万以上かかってしまうこともあるのです。


これが自己負担となるとかなり厳しいですが、一方、がん保険の先進医療保障は、上限1000万円としているものが多いので、保険に入っていればほぼカバーできることになります。

これからのがん治療の主流は「通院」

がんの治療は長引きがちです。そして現在では、長引く治療は通院治療で行われるのが主流になってきています。厚生労働省の調べでも、がん治療の平均入院日数は02年には約35日以上だったのが、08年には10日以上減って約24日に。がん患者の中で、通院で治療を受けている人の割合は5割以上だとされています。


そんなとき、入っている保険に「入院保障」しかなかったらどうでしょう。入院でなければ当然、保険金は受け取れませんから、通院にお金がかかるのに、せっかくの保険が役に立たないことになってしまいます。


通院には治療費だけでなく交通費もかかりますし、通院のために仕事を休んだりすれば収入にも影響が出るかもしれませんね。通院にかかるお金は決して軽視できません。そんな通院治療が多いがんの場合は、通院への保障を重く見たほうがいいのです。


以上、がん保険のおすすめポイントを紹介しました。こちらのページでは、先進医療保障に対応し、通院の保障も手厚いがん保険の中から、私が選んだ、おすすめのがん保険をランキングで紹介しています。給付内容の違いをわかりやすく表で整理したものもありますので、ぜひ、合わせてチェックしてみて下さい。

スポンサードリンク