MENU
スポンサードリンク

がん保険に必要な用語

聴診器と問診票“がん”保険に関して情報収集を進めていると、専門用語などの良く変わらない単語を目にする機会は無いでしょうか?


保険に関して以外にも、分からない事に関して、「分からない事聞く」と言う事は実際には非常に勇気のいる事と言えるでしょう。
しかし、分からない事を分からないままにして保険を契約する事は自分の求めている保険ではない保険を契約してしまうというトラブルの元になってしまいます。
そこで、“がん”保険に関して必要なワードについて少し挙げ、それぞれの意味について少し確認してみましょう。

受取人

“がん”保険などの保険でいう受取人とは『保険金を受け取る人物』を指します。
“がん”保険では基本的に「保険契約をしている本人」(被保険者)又は「保険料を支払っている人物」(保険契約者)が受取人に当たります。
基本的に“がん”保険などの入院保険では本人が必要としている保険の為、受取人は本人で契約するケースが一般的です。
また、“がん”保険に死亡保証が付いている場合に、死亡保険金に関しては本人が受け取る事は出来ない為、配偶者や子供などを受取人として契約を行なうケースが一般的です。


ステージ(病期)

“がん”保険の保証内容の中に頻繁に登場する「ステージ」又は「病期」と呼ばれる言葉は“がん”の進行具合を示すものです。
基本的にT〜W期(ローマ数字が使用される)で表されています。“がん”保険では“がん”の進行具合にあわせた保証金などが提示され、ステージ(病期)によって受け取る保険料が異なる場合があります。


先進医療

先進医療とは、厚生労働大臣の定めた医療を指しています。


先進医療では保険適応外の治療を行なう為、治療する上でかかってしまう費用は基本的に全額負担なのですが、民間の保険では「先進医療対応保険」や「先進医療特約」などで保証の受けられる保険もあります。

被保険者

被保険者とは保険の対象になる人物を指します。“がん”保険では被保険者の“がん”に対しての治療保証、入院保証、死亡保障が適応されると給付金を受け取る事が出来るのです。


被保険者とは保険の保証を受けられる人物ということなのです。

保険金

保険金は保険料と混同してしまう場合もあることから「給付金」とも呼ばれています。この保険金(給付金)は保険会社から保証に応じて支払われるお金の事です。


保険金(給付金)には、入院の日数毎に給付される「入院給付金」や“がん”と診断された場合に給付される「がん診断給付金」、手術を行った場合に支給される「手術給付金」など保険内容によって様々な保険金(給付金)が存在します。
また、この保険金がどのような場合に保険金(給付金)が給付されるのかという事は現在、“がん”保険の重要な比較対象になっています。


保険契約者

保険契約者とは、その保険の契約を行い、保険料を支払う人物を示します。実際に保険の対象になる「被保険者」とは異なるので注意が必要です。
保険契約者には二つの権利が発生します。それは「保険料金を支払う権利」と「保険金(給付金)を受け取る権利」です。


保険契約者について注意すべき点は、保険契約者ががん保険などの保証を受けられるのではなく、実際に保険を受けるとは「被保険者」という事です。
「保険契約者」を「被保険者」と混同しがちなので、契約の際にはきちんと確認するようにしましょう。

保険料

保険料とは保険の保証を受ける上で支払うお金です。しばしば保険金と混同されがちですが、保険料は「支払うお金」で保険金は「受け取るお金」という全く逆の意味を持っています。


「保険を選ぶ」「保険を探す」という事は一般的に、この保険料と保証内容を天秤にかけて、自分に合った保険を探すと言う事が一般的な方法となっています。
日常的に無理の無い保険料で保険を組む事は上手な保険選びの基本言っても良いでしょう。

スポンサードリンク