MENU
スポンサードリンク

少しでも保険料を安くする裏技とは?

突然ですが「月々3千円で入院給付金日額1万円」の保険と「月額4千円で入院日給付金額1万円」の保険がある場合にどちらを選ぶでしょうか?


これは誰もが「月々3千円で入院給付金日額1万円」の保険を選ぶのではないでしょうか。
実際保険を選ぶ場合には入院給付金だけではなく様々な給付料が複合的に存在する為、比較などは簡単ではないのですが、安い保険料で高い保証を受けたいと思う事は普通の事なのではないでしょうか?


そこで保険料金を安くするために忘れてしまいがちな方法を少しまとめてみましょう。


  • 支払方法によって保険金が変わる???
  • 支払方法によって実は保険金が安くなるという事はご存知でしょうか?

これは「月払い」や「一括払い」などの保険料の支払方法によって割引されるというものです。それぞれ支払方法の詳細や注意事項について挙げてみましょう。

支払い方法詳細・注意事項
月払いこれは1ヶ月毎に1ヶ月分の保険料金を支払うという方法です。
この支払い方が最も一般的であり支払方法の基準ともいえる方法です。
割引なども無く保険料を支払うタイプの支払方法です。
半年払いこれは半年毎に半年分の保険料金を前払いで支払うという方法です。
基準となる月払いに比べ「約1%割引」されるケースがあります。
年払いこれは1年毎に1年分の保険料を前払いで支払う方法です。
基準となる月払いに比べ「「約2%割引」にされるケースがあります。
一時払いこれは保険期間の全ての保険料を全額前払いで支払う方法です。
「最も割引率が高い」という特徴もありますが、保険該当事故が発生した場合にも保険料は戻ってきません。
前期全納これは保険期間全ての保険料を全額前払いで支払います。
「一時支払い」に似ていますが、保険該当事故が発生した場合には、それ以降の保険料が戻ってきます。
割引率では「一時払いに次いで割引率が高い」支払方法です。

薬このように同じ保険であっても支払方法を選択するだけで割引が受けられるサービスがあるのです。

健康体割引・非喫煙者割引とは?
保険が個人によって割引される…
少々眉唾物とも思える事かもしれませんが、これは決してウソではありません。


例えば自動車保険を思い出してください、自動車運転免許書が優良ドライバーを示すゴールド免許であった場合に保険が安くなるということを聞いた、又は体験した事のある人は多く居るのではないでしょうか。
健康保険やがん保険でもこのような割引があるのです、それが「健康体割引」や「非喫煙者」という割引です。それではこの二つについて少し詳しく見てみましょう。


「健康体割引」

健康体割引とはその名前の通り健康体であれば割り引きされる生命保険やがん保険の割引です。ただこれは「自分は健康です!」と言っても誰もが受けられる訳ではありません。
健康体割引を受ける為には「健康体基準」と呼ばれる基準に「血圧」「体格(BIM)」「尿淡白」「尿血糖」などが一定の基準に当てはまらなければなりません。


基準の数値は割引サービスを行なう各保険会社で異なり一概には言えないのですが、会社の健康診断などで「問題ない」と言われた場合には一度、割り引きが可能か申請してみるのも良いかもしれません。


「非喫煙者割引」

タバコが“がん”を誘発する嗜好品である事は一般に知られています。がん保険、健康保険などでは喫煙していない場合に割引が受けられるというものがあります。


この割引では3?4割の割引を受けられる場合があり非常にお得なサービスといえるでしょう。


しかし、この割引も「自分は吸っていません」と言って受けられるわけではありません。割引が適応するにはニコチン検査などの検査を受けた上で適応されます。

スポンサードリンク