MENU
スポンサードリンク

先進医療対応であること

患者と看護師“がん”治療には健康保険が適応される一般治療と、健康保険が適応されない先進医療保険があります。“がん”保険を選ぶ上で先進医療対応であるかどうかは非常に重要な判断材料と言えるでしょう。
そこでまず先進医療とはどのようなものなのかを考えてみましょう。


実は、日本の“がん”治療にかかる治療費の9割弱が先進医療にかかる治療費であるという統計があります。これは、治療を受ける場合に先進医療を選ぶ人の数の多さと、それにかかる治療費の多さを占めている事を示しています。


“がん”を治療する上で「より良い治療」を受ける為には先進医療は無くてはならない医療と言えるでしょう。
先進医療を受けるという事は“がん”治療、特に病期(ステージ)の進んでしまったものに対しては新しい治療法を行なえるという状況から、有効的な成果のある可能性を持った治療といえるでしょう。


しかし、健康保険適応外の治療という事もあり医療費は非常に高いものになってしまいます。現在このような高額の治療費が患者に重く圧し掛かってしまうという事も問題にされています。
先進医療対応の保険では、このような高額な先進医療に対しても強いサポートが受けられるという特徴があります。


主な先進医療対応の保険では先進治療にかかる実費を先進医療給付金や先進医療実費負担などの保証により先進医療に関してサポートを受ける事ができるのです。
“がん”に対して、先進医療を考えていない場合にも先進医療対応の保険を考える事は非常に有効な事と言えるでしょう。


と言うのも“がん”は様々な病状や様々な効果的な治療があり、“ガン”になってしまった後に先進医療が必要になってしまうケースも少なくは無い為なのです。
このような事から、先進医療に対応しているかどうかは、がん保険を選ぶ上でも重要な判断事項と言えるのです。

「がん」全てに対応していること

患者とヘルパー自分がどのような“がん”になってしまうのか?このような事を想像するのは少し怖い事ですが、がん保険を選ぶ上では、このような考えを持っておく事は大切な事と言えます。
というのも“がん”保険は対応になる“がん”が限定されているものがあるためです。


例えば悪性新生物には対応しているものの上皮内新生物に関しては保証されていない(保証内容に記載されていない場合は対応していません)という事があるからです。


このような状況では、悪性新生物にだけ対応しているものに入っており、上皮内新生物の“がん”にかかってしまった場合には、当然ですが保険金などは支払われません。
このように保証されていない“ガン”にかかってしまうと言う事は、あまり想像したくない状況なのですが“がん”保険だからと安心してかけていたのですが、実際“ガン”になってしまったら保険金が支払われなかったという事は保険トラブルの中では意外にも多いようです。


このように“がん”になってしまったのに、“がん”が保険に非対応だった為に支払われなかったというようなトラブルを避ける為にはどのようにしたら良いのでしょうか?


将来自分のかかってしまう“がん”が予想できるのであればピンポイントで、その“ガン”に対しての保険を充実しておけば良いのですが、がんの特性上、がどの部位に出来るかを予想するそれ程簡単なものではありません。
そこで、私達に出来る最も安心できる対応策は「“がん”全てに対応しているもの」を選び加入すると言う事以外にはありません。


「全ての“がん”に対応」や「どのような“がん”でも対応」などの保険は現在比較的に多いといえるでしょう。
また特約などを付け加える事で全ての種類に対応するがんも多いことから、保険を選ぶ際には全ての“ガン”に対応したもの


を選ぶ事で「“がん”になってしまったのに保険が支払われない」などのトラブルを回避する事が出来るのです。

給付金の回数に制限がないこと

子供のリハビリ一般的に“がん”は一度治療すれば直るというような病気ではありません。治療は複数回手術を行なうものもあれば、長い期間をかけて通院治療をするという治療もあるのです。


また“がん”は再発・転移してしまう病気ですから、再発・転移してしまった場合には、その都度治療費や入院費用などがかかってしまいます。
このような特長を考えると、給付金に対して回数制限があると言う事は保証内容として一抹の不安が残ってしまう事に繋がってしまうのです。


では実際に“がん”保険の給付金を受け取れる回数はどのようになっているのでしょうか?


まず、入院した場合に給付される「がん入院給付金」は多くの保険会社では保険日数無制限で受け取れるような保険商品が一般的です。
だた、中には入院給付金の受け取れる日数(回数)に制限のある保険商品もある為注意が必要です。


次に手術を行った場合に給付される「がん手術給付金」ですが、この給付金も現在、一般的な保険商品では「保険会社の定めた手術」に関しては回数に制限が無く給付金を受け取る事の出来るサービスを行なっています。
この給付金に際しても手術給付金の回数を定めている商品もありますので確認を申し込みの際にはきちんとチェックしましょう。


続いて、“がん”と診断された場合に給付される「がん診断給付金」についてですが、これは保険会社によって少々異なった給付方法があります。
まず“がん”が診断された初回にのみ支払われるタイプの保険では、その後再発や転移などが診断されても給付金を一度受け取ってしまうと二度は受けることは出来ません。


しかし、このような「がん診断給付金」を何度でも受け取れる保険も存在します。
このような何度でも「がん診断給付金」を受け取れるタイプでは、初回の“がん”診断後一定の期間(2年経過後など)たった後に“がん”と診断された場合に給付金を受ける事が出来るという事が一般的です。
このように「給付金が受け取れる」というタイプの保険でも給付回数によって保証内容は大きく変わってくるのです。
給付金を受け取れる同じ保証内容の保険を比べる際には、何度でも受け取れるものを選ぶ事で保証内容も充実してくるのです。

本人型であること

ヘルパーと患者最近では携帯電話などで家族や夫婦単位で契約する事で「家族割引」などの特典を受けられる契約が一般的になってきています。
保険ではこのような家族契約はすいぶん昔からあり、家族又は夫婦で契約する事で保険料が安くなるような事は一般的といえるでしょう。


“がん”保険に関しても『夫婦型』『家族型』と呼ばれる保険があります。


この『夫婦型』『家族型』などの利点としては、夫婦や家族が別々に入った場合に比べ月々の保険料が格安になるという事にあります。
保険料が格安になると言う事は非常に有り難い事なのですが、保険には主契約者というものがあり夫婦・家族保険では誰か一人の契約を主契約として契約が成立している事から、主契約が何らかの理由で解約になってしまうと、その他の夫婦・家族の保険も同時に解約になってしまうという可能性があるのです。


解約になってしまうという例を挙げると、「夫が主契約」であった場合に夫が死亡してしまった場合には『夫婦型』『家族型』の保険を残された妻、又は子供に継続でき無い場合があります。
また「離婚」なども重要な問題で保険の契約に配偶者という記載がある場合には契約が維持できない、又は更新できないなどの可能性があるのです。


このような事を考えると、“がん”保険に加入する場合には契約者が自分である『本人型』を選ぶ事で『夫婦型』『家族型』である事を理由にして、保険が維持できなくなるという可能性を無くす事が出来るのです。

スポンサードリンク